アイチテクノメタルフカウミ株式会社

沿革

1960年(昭和35年) 新潟県燕市幸町に深海金属株式会社設立。金属洋食器用ステンレス板圧延業開始。
1962年(昭和37年) 株式会社丸七伸銅所を吸収合併。同所跡に本社工場移転。
1963年(昭和38年) 刃物用ステンレス材製造に本格着手。岐阜県関市刃物業界と取引開始。
1968年(昭和43年) ステンレス高級刃物鋼AUSシリーズの圧延を開始。
1970年(昭和45年) 冷間帯鋼圧延設備導入。
1973年(昭和48年) 工業団地メタルセンターに新工場建設。本社、工場全面移転。
1978年(昭和53年) 愛知県東海市愛知製鋼株式会社と技術提携。
1982年(昭和57年) 連続熱間圧延設備を設置。
1986年(昭和61年) 非鉄金属系機能材の熱間圧延・冷間圧延受託圧延開始。
1989年(平成元年) 熱間広幅圧延機設置。ウェットブラスト装置導入。
1990年(平成2年) 愛知製鋼株式会社の資本参加を得て、同社の関連会社になる。
1999年(平成11年) 最高級刃物用ステンレス鋼「ACUTO 440」開発製造。
1999年(平成11年) 新潟県工業技術総合研究所との研究プロジェクトによりマグネシウム合金の圧延技術開発。
2006年(平成18年) 愛知製鋼株式会社の連結子会社となり、社名をアイチ テクノメタル フカウミ株式会社に変更。
2011年(平成23年) 「ものづくり改革」のため工場再構築の第1ステップとして、隣接する土地(3,897㎡) を取得。
2012年(平成24年) 工場再構築の第2ステップとして事務所新築により10月に移転。
2014年(平成26年) 工場再構築の第3ステップとして新工場完成により 1月に稼動開始。
ご相談フォーム
PC版サイトスマートフォン版サイト
TOPへ